融資

20代攻めのマネープラン

20代というとまだまだ人生の序章でこれからさまざまな経験をしていく世代ですよね。
預貯金だってまだ少ない世代で、攻めのマネープラン問われてもピンとこないという人も多いと思います。

しかし、20代は今からしっかりとマネープランを練り、将来の備えをしておく必要もあります。
いくら預貯金を預けていたとしても利息は少ないのが現状です。少しでも貯蓄を増やしたいのであれば攻めの方針でマネープランを考えましょう。
だからと言ってすべてを攻めに持っていくのではなく、まずは余裕がある資金のみを使用して分散投資をすることをお勧めします。

分散投資というのは一つの投資にすべてをかけるのではなく、例えば余裕資金の半数は株式投資に、
残り半分をさらに半分にして外国為替市場、残りは先物市場など投資方法を分散させます。
分散させることで仮にどこかの投資方法で損失が出そうになった場合でも、他の投資方法で挽回するチャンスを残すことが出来ます。

このようにリスクを分散させることをリスクヘッジといいます。
20代で攻めのマネープランを考える時には、このリスクヘッジをしっかりとしておくことが重要です。