金融機関ごとに住宅ローンの金利を比較する

住宅ローンを利用する時は、金融会社ごとの返済条件や、金利についてを比較して、どこがいいか決める必要があります。変動金利と、固定金利という2種類の金利があることが、住宅ローンの特徴といえます。

金利の違いによって、返済方法や返済額に差が出てくるので、事前に理解しておくことをおすすめします。貸付金額や、返済年数などの条件を同じにした場合、変動金利のほうが、固定金利よりも、低い金利になっているものです。金融機関同士を比較してみると、住宅金融支援機構の融資する固定金利は高めに設定されています。続いて財閥系大手銀行の固定金利の後、新設銀行やネット系銀行の固定金利という順番になっています。最初に取り決めた金利が、最後までずつと変わらない状態であることが固定金利です。現在は低金利の時代なので、固定金利は非常に有益です。変動金利の住宅ローンは、ネット系銀行や新設銀行は金利が低く、大手銀行はそれより高めです。住宅金融支援機構には、変動金利はありません。全期間の長期固定が認められているのは住宅金融支援機構だけなので、その他の金融機関と単純に比較することはできません。借り入れ時の金利がずっと続くのが固定金利ですが、変動金利では定期的に金利が見直され、市場金利に応じて変わります。変動金利にすれば利用者もリスクを一部負いますが、固定金利ではリスク分は全て金融機関のものです。住宅ローンを利用する場合の金融機関の選択方法は、現在の金利をそのまま比較するのではなく、将来の景気動向や金融機関の信用を見極めたうえで決める必要があります。
審査の甘い消費者金融

カテゴリー: カードローン パーマリンク